に投稿

Fantasmagnorie 2019 ファンタスマゴリー / Xavier Marchais グザヴィエ マルシェ

生産者 / Xavier Marchais グザヴィエ・マルシェ
年号 / 2019
生産地 / ロワール
品種 / シュナン ブラン
タイプ / 白ワイン

8月から気合をいれて

筋トレをはじめました。

ダンベルもベンチも買いました。

ぶら下がり健康器も買いました。

これで後には引けません。

頑張ります。

 

という事で今日はグザヴィエマルシェのファンタズマゴリ。

ちょっと前にリリースしたワインで

同時期にリリースした、同生産者のジュヴォンスやミステリューは

ブログに書いていたと思います・・

 

ファンタズマゴリはなんとなく書いてなかったと思うのですが

最近また気になって飲んでみたら

大分色気のある味わいになってきていて

まだまだ伸びると思うのですが、すごく美味しくなってきています。

 

白い果実や花を連想させる香り。

しかも生花のような妖艶な雰囲気(僕の好きなやつ)

開けたてはビターズの様な柑橘の苦みに似た旨みがあり

時間と共にやわらかなエキスに変化していきます。

 

グザヴィエマルシェのワインの好きなところは

ファーストインプレッションは複雑なニュアンスが混在しているのですが

 

飲んでいくと、結局

葡萄の味わいを感じられるところです。

ストレートにシンプルに葡萄味な訳では無く

飲んでいくと、ハッと葡萄を感じられてくる。

 

彼のワインのアプローチは、分かりやすいものではないのかもしれませんが

素晴らしい生産者だと僕は確信しています。

ちなみに抜栓後4日経ってもおいしく飲めています。

 

に投稿

Élixir Mystérieux NV(2015) エリクシール ミステリュー / Xavier Marchais グザヴィエ マルシェ

生産者 / Xavier Marchais グザヴィエ・マルシェ
年号 / 2015
生産地 / ロワール
品種 / シュナン ブラン
タイプ / 白ワイン

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

今年も皆様のお役にほんの少しでも立てるよう

おいしいお酒をシェアさせて頂ければと思っております。

 

昨日は子供がどうしても寝ないので晩酌に付き合ってもらいました。

お茶と焼酎で乾杯をして、一緒にゆっくりテレビを見れて

とても幸せな時間でした。

 

今朝子供と妻は眠そうに保育園に出かけていて申し訳なかったですが

僕は朝起きて

「よし、がんばろう!」

と思えた朝でした。

 

そして僕は

朝から飲んでます。酒を。

 

今日ご紹介するのはグザヴィエ・マルシェ

前回のブログで2019年の白ワインを紹介させていただきましたが

今回は2015年の酸化熟成。

 

これは実は年末に2019年と同時に開けたのですが

どうしてもゆっくり飲んでみたくて

1週間かけて試飲をしていました。

 

19のジュヴォンスも感動しましたが

 

この15年のミステリューは文字通り身体が震えました。

ジュヴォンスはシャープだけど、みずみずしく身体を潤す液体だとしたら

こちらは

あまりのエネルギー、旨みに全身の毛が逆立つような感覚があり

遠峯一青ばりに

「お・・・おぉ・・・」

とかいって涙を流すところでした

(こらえました。)

 

このワインの味わいは言葉で表現するのがすごく難しくて。

 

酸化熟成のワインを初めて飲んだときは

こんな味があるのか・・・変わってるな

と、驚きが勝ってしまったり

 

人によっては、シェリーのよう。

ブランデー、ウイスキー、梅酒のよう。

と、感じ方と表現はバラバラになるかと思います。

 

僕も飲むたびに発見があり変化があるお酒で

一週間付き合って飲みましたが

 

あまり的確な表現は浮かびません。 

 

黒糖のような香りや

シェリーのようなコクもありますが

探ってみると紛れもなくブドウの旨みがあり。

余韻も妖艶で永い。

 

もう何言ってるかわかりません。

 

とにかく何が伝えたいかというと

 

おったまげた。って感じです。

 

僕にとっての最強のエナジードリンク。

 

このワインを作ってくれたグザヴィエと

こんな素晴らしい状態まで寝かせていていてくれた

インポーターの藤木さんに只々

頭が下がります。

 

今このブログを書きながら最後の一杯を飲んでいますが

最後の一滴まで本当に楽しめました。

(グラスの残り香でもう少し楽しみます)

 

おいしかった。ご馳走様でした。

 

売り切れの際はご容赦ください。

に投稿

Elixir de Jouvence NV(2019)エリクシール ドゥ ジュヴォンス / Xavier Marchais グザヴィエ マルシェ

生産者 / Xavier Marchais グザヴィエ・マルシェ
年号 / 2019
生産地 / ロワール
品種 / シュナン ブラン
タイプ / 白ワイン

前回のブログで

今月は、ほぼ素面のときが無いと書きましたが

本当にそのまま年末を迎えてしまいました。

12月1か月の体感速度が一週間くらいですw

 

フランス滞在時代を除けば、ここ数年で一番ワインを常に飲んでいたかもしれない。

 

そんな中で、、、

 

ビビッと来てしまいました。

 

こちらのワイン

グザヴィエ・マルシェのジュヴォンス19年。。。

 

正直このワインは前回や前々回のブログで紹介したような

飲んで一発でおいしい!というようなキャッチーな果実味はありません。

 

それでも

「ぼくはこういうワインを求めてたのかも・・・」

 

と舌では無く体で理解したような気がしました。

 

香りと味を言葉で説明するなら

クリスピーで硬質な

ミネラルを感じる香りと

塩水にレモンを絞ったようなシャープな味わい。

といった感じなのですが

 

僕はこのワインを飲んだ瞬間

フランスで

夢中でワインを飲んでいた時代に戻されました。

 

ブドウを介して、ロワールの水を飲んでいるような・・

こういうワインをフランスで沢山頂いたなあ・・

 

と、一気に記憶が揺さぶられました。

 

「フランスではワインは水の代わりに飲まれている」

 

みたいな、冗談がありますが

 

水の代わりに飲むならこういうワインを飲みたい。

飲むたびに身体が洗われるような感覚です。

 

今僕はチーズとクラッカーをつまみに飲みながら

 

このブログを書いていますが

酷使して疲れた体(主に、胃と肝臓)が喜んでいる感じがします。

(実際は悲鳴かもしれませんが)

 

たぶん、このワインは

わかりやすく美味しいタイプ。では、無いのかもしれませんが・・

 

舌や頭で理解するのはなく

フィジカルに感じる素晴らしいワインだと思います。

 

売り切れの際はご容赦ください。