に投稿

PALLI & GENESIÀ 2018 パリ&ジェネシア / Sous le Végétal  スー・ル・ヴェジェタル

生産者 / Sous le Végétal  スー・ル・ヴェジェタル
年号 / 2018
生産地 / ギリシャ
品種 / ミュスカ・プティ・グラン
タイプ / 白ワイン

一応グラフは乗っけますけど・・・

たまに(よく)あります

自分でこのグラフ用意しておいて

「こんなグラフで表せるわけないじゃん・・・」

ってワイン。

基本的には無理があると思って

やっているんですけど・・

でも、少しでもわかりやすさの補助になればと思っています。

 

しかし今日のワインはどこに点(葡萄)おいていいか良くわからないです。

項目の要素が全てある

的なワインだと思ってください。

 

今日抜栓して、飲んだ瞬間に思ったのは

うまい

ではなく(うまいんですけど)

すごい・・

って感じでした。

 

商品ページに書いていますが

マセラシオン(醸し。オレンジワインになるやつ)40日

とデータはありますが

マセラシオン的な要素はあまり感じず。

 

洗練、凝縮された葡萄のエキス。

甘い果実感、切れのある酸とミネラル

水を吸った土器の香り。甘いラムネ菓子の香り。

 

てらっと艶のある液体の中に

物凄い濃厚なのに、純度が高く透明な液体

 

余韻の長さ、エネルギーの濃厚さが、飲み込んだあとも続きます。

 

もう書いててよくわかんないのでこの辺にしますが、、、

言葉でこの奥行を表現できる語彙をください。笑

 

芸術的ですよ