に投稿

TURBULENCE 2020 トゥルビュランス / Philippe Delmee フィリップ・デルメ

生産者 / Philippe Delmee フィリップ・デルメ
年号 / 2020
生産地 / ロワール
品種 / シュナンブラン
タイプ / 白泡

シ・・・・ヮワワワワワぁ~って泡

最近子供のネタばっかりだったので、子供関係ない雑談したいなって思うんですけど

(そもそもこの雑談要らないかもって思ってますけど、僕にとっての日記の役割もありまして・・)

 

この間、PCのメモリを増設したんです。

8ギガから一気に32ギガに。

そしたらPCから音楽掛けるときに、すごい音質が良くなった気がして。

メモリ増設にそんな効果があるのかなーって思ったり。

 

昨日車のオイル交換したら、車の挙動がなんとなく良くなったような気がして・・

すごくうれしかったです。

 

その2つが最近あったすっごくうれしかった事なのですが

書いてて思ったんですけど、なんか子供の事以外あんまパッとしない人生なのかなーって

不安になりましたw

本題

今日はフィリップ・デルメのシュナンの泡。

少し前にデルメの白ワインについてブログ書きました。

泡ってなかなかブログ書く事少ないのですが

僕的にですがデルメの2020年いい感じです!

 

この泡も、泡立ち自体はすごく控えめで見た目ではあまり発泡してない感じなのですが

液体に泡がよく馴染んでいるのか

飲むととしわわわわーっと

口の中で発泡し始めるような感覚があって

 

味わいも蜜のあるリンゴのような爽やかさと奥行を感じる仕上がり

蜜のふっくらしたニュアンスはあるけど飲み終わった後の口はドライだけど余韻は長く

 

質の良さ、育ちの良さを感じるスパークリング。

 

きっとどんな料理合わせても活躍してくれるんだろうなーって感じです。

 

中央の王族まわりでは無ないけど地方の有力・有能な貴族って感じのワインw

 

すばらしいです。

 

ちなみに二日目は三分の一くらいの残量で、泡はさらに弱くはなりましたが

それでこのワインの魅力が失われることもなく蜜のニュアンスがフォーカスされたような印象を受けます。

 

 

に投稿

Ch’nins on Boit Caravanne Passe 2020 レ・シュナン・オン・ボワ・キャラバン・パス / Philippe Delmee フィリップ・デルメ

生産者 / Philippe Delmee フィリップ・デルメ
年号 / 2020
生産地 / ロワール
品種 / シュナンブラン
タイプ / 白ワイン

ここ3日くらい、すごくブルーで・・・

というのも、つい最近は日~木は僕が息子とお風呂入る担当だったのですけど

お風呂一緒に入ろうと思って子供に声かけたら

「いや!たーたん(おかあさん)と入る!!!」

って言われて・・・

 

しかも昨日なんか、寝かしつけしようと思って

「ちーちー君(最近の息子の呼び名)、とと(私はとと)と一緒に絵本読もうか!」

と誘ったら

「いーや!たーたんがよむ!!!」

 

と断られました。

たーたん贔屓がすごい・・・

 

ととの存在意義よ・・・

 

僕はしょんぼりだし・・妻は息子に付きっ切りにならざるを得ないし・・

 

ぴえん。

 

って感じだす。

 

そんなやさぐれ気味な私は昼間から酒を飲み、このブログを書いているのですが。

 

まあ、、、またまた来ちゃいました。

 

めっちゃ旨いワイン。

 

わたしの大好きなシュナンブラン。

フィリップ・デルメのシュナン2020です。

 

開けて香りを嗅いだ時は

おお、きれいなミネラル感とさわやかな果実味のシュナンですね!

と思ったのですが。

 

口に含むと想定の一回り上の柑橘の様な果肉感と

飲み込んだ後のきれいな余韻に残る塩味・・・

 

そしてすこし温度が上がってくるとほんのり酸の残ったパイナップルの様な

楽し気なニュアンスまで出てきちゃって・・・!

 

しかも酒質は安定してそうなので、まだ開けたてすぐですが

おそらくゆっくり楽しめるのではないかと(この辺は後で追記します)

 

すごい!!

 

果肉感、酸、ミネラル。三位一体!

太好了!

 

飲んだ瞬間、これはブログ書かねば!!と思って。

ブログ書くならもっと飲まないと!

 

って感じで。

 

いい気分です。

 

息子に胸を張れる仕事・・できているかな・・

 

追記:3日ほどかけて飲みましたが

どんどん出てくるパイナップル感。

ここまで果実味が引き出されるとは・・・!

 

1本で2度楽しめるくらいの変化で、どちらもおいしいです!

売り切れの際はご容赦ください。