に投稿

L’Escarpolette Blanc 2020 レスカルポレット・ブラン / l’Escarpoletteレスカルポレット

生産者 / l’Escarpoletteレスカルポレット
年号 / 2020
生産地 / ラングドック
品種 / ミュスカ プティグラン、グルナッシュ ブラン
タイプ / 白ワイン

以前のブログで、子供が嫌なことに対して「バツする」っていう言い回しをして面白いと書きましたが

実は「バツする」より最上級があります。

イヤイヤがマックスまで溜まると

「食べる!!!」と言い出します。

 

具体的な使い方としては、先日お客さんのジムニーに乗せてもらってご機嫌だった息子でしたが

ずっと乗せているとキリがないので降ろしたところ

「もっとのりたかったーーー!」と泣き出してしまいました。

「お客さんも困るからまた今度だよ。」って言っても全く聞かず。

イライラが最高潮になって

「ジムニーたべる!!!!」

と言い出しました。

 

お風呂断るときも、しつこく誘うと

「お風呂、たべゆー!!!」と怒ります。 

ものによっては実際噛みつきます。

僕も嫌なことがあったら食べて、無かったことにみようと思います。。

 

本題

毎年ブログを書いている気がするイヴォのレスカルポレットブラン。

去年10月に書いたブログでイヴォのこのキュヴェのスタイルは円熟したのでは

なんて、偉そうに書いておりましたが。

たぶん間違ってないなーってくらい2020も良いです。

 

2019の様な果実味のボリュームが前に出た味わいよりは

瑞々しく

タンニンやエキゾチックな香りも少し硬質なものがあり透明感のある仕上がりです。

これはもちろんビンテージの違いもあるのでしょうが、10月試飲と3月試飲の違いもあるかなと。

 

しかし、少しグラスでくるくる回すと琵琶や桃の様な香りがふんわりと。

飲み口はきれいでするりとしたスタイルですが

アフターの細かなタンニンが尾を引いてくれます。

 

2019は2日目のバランスが個人的にはより好みだったので

今回もどう変化するのか楽しみです。

 

「オレンジワイン」というジャンルが前に出がちな昨今ですが、その中にもきちんとイヴォの個性が感じられるワインでとっても素敵です。

 

追記

2日目素晴らしいです。

もっと酸化に傾くかな?って思いましたが

瑞々しくきれいなまま果実味が香りも味も増した感じです。

タンニンもこなれてより飲み口が柔らかくなりました。

うん、今回も2日目がより良いかも。