に投稿

Groll’n Roll 2020 グロルン・ロール / Les Vignes de Babass レ・ヴィーニュ・ド・ババス

生産者 / Les Vignes de Babass レ・ヴィーニュ・ド・ババス
年号 / 2020
生産地 / ロワール
品種 / グロロー
タイプ / 赤ワイン

来ました。ババスです。

(知らない方の為にとても簡単に説明すると、フランスのナチュラルワイン界の兄貴です。みんな彼が好きです。僕も大好きです)

 

 

※今日のブログは長いです。ババスのことになると、止まりません

 

私、2012年に渡仏した際にこの人に出会って

彼らのワインに関わる仕事をしていくんだ!

と決意したきっかけになった生産者。

そしてきっかけになったワインです。

 

グロルンロール初めて飲んだのは2011年のヴィンテージなので

2020年はちょうど10年目ということになります。

10年追いかけ続けているワインになったと言うことですね。

 

時の流れを感じます。

そら、僕も当時より20kg近く体重増えますよ。

うん・・・

 

 

初めて飲んだ時は、グロローという品種も知らなかったし

なにこの不思議な味!!

・・と言う感じでして

 

当時の僕はブルゴーニュとボルドーの勉強の為にフランスに行って

「現地見てたら、なんとなく箔がついてイイ感じっしょ!!」

という・・かるーい理由で渡仏していて

ほぼオーソドックスなスタイルのワインしか飲んでいなかったのですが・・

 

新井順子さんのところで研修させていただき

レヴァンコンテの仕込みの手伝いの時に出会ったトム(現ラブシュルド・ジェニ・デ・フルール)に導かれババス達に出会い

 

今まで自分が飲んだことない味わいなのに

どこか懐かしく、いつまででも飲めてしまう彼らの液体に魅了されてどっぷりハマっていくのですが

 

その中でも一番・・何度も何度も飲ませて頂いたのがこのグロルンロールだったと思います。

(当時研修していたNantesのビストロに箱が山ほど積んでありました)

 

ジューシーな果実味になんとなくワイルドな・・じわっとした苦味のような根菜や土のニュアンス

味は多いのに体にするりと入りこむ飲み心地。

全てが不思議で、全てが新鮮でした。

 

今思うとこのグロルンロールがきっかけで、「味わい」の他にも

「飲み心地」を意識するようになったのだと思います。

 

その事(ババス達のワインはすげー飲めちゃうんだよね的な事)をババスに拙いフランス語で伝えた時

「僕のワインだけで一晩飲み続けられるようなワインを作ってるんだ」

と彼に言われて(僕のフランス語の理解があっていればw)

 

なんてかっこいいんだ!!!

と・・・

 

味を変えたりとかで、色々飲みたくなっちゃうけど

 

俺のワインがあれば他はなくても良いんだぜ!

と!

(そこまで言ってないと思うけど)

 

 

ババスはフランス語もろくに喋れない僕にも気遣ってワインを勧めてくれたり、みんなに慕われてめちゃくちゃ優しい人柄と

ワインに対する情熱がとっても熱い(あまり表に出そうとしないですけど)

 

ワインは気軽に楽しんで良い飲み物だと言うことも、

同時にそれに対する深い感謝も感じさせてくれた

(気軽に楽しめるワインを手作業で妥協なく作っている彼らを間近で見て)

 

もう、、僕なんかにとってはヒーローのような存在になってしまったので

 

彼のワインを飲みながらブログなんか書いてたら感情も入りすぎちゃって

なんも収集つかないのですけど・・・

 

とにかく何が言いたいかと言うと

 

彼のワインを扱わせて頂けて

本当に嬉しいなあと。

 

「とにかくまあ飲んでみてよ!」

と勧めたくなるワインです。

(本数限りあるのでそれもなかなか出来ないのですけど)

 

試飲ブログでもなんでもない感じですけど

 

いやあ、、なんですかねー 

 

10年ずっとグロルン・ロールを好きでいたので

 

20年経っても好きでいるだろうなあ

 

そんなワインを扱わせていただく事がとても誇りです。

感謝です。

 

 

酔ってます結局w

 

ご質問はお気軽に

 

購入ページはこちらから

売り切れの際はご容赦ください。

に投稿

Brutal NV16&17 ブリュタル / Les Vignes de Babass レ・ヴィーニュ・ド・ババス

生産者 / Les Vignes de Babass レ・ヴィーニュ・ド・ババス
年号 / 2016,2017
生産地 / ロワール
品種 / シュナン・ブラン
タイプ / 白ワイン(微々発泡)

いつも前書き長くなってしまうので

今日は試飲の感想先に書きます。

 

最高です。

シュナンブランやっぱすごい・・

ババスやっぱすごい・・

最初は香ばしいパンの香りがきたと思ったら

ブワッと

リンゴの蜜の風味、はちみつ

でも最後はドライに切れて

また香ばしい香りの余韻が残る。

 

ほんとすごいです。

うまい。

二口目も

りんごの蜜を基本に

葡萄やらパイナップルやら

色々な果実の風味を感じさせてくれます。

 

微発泡なのですが、これは泡無くなった後も美味しいはず。

まだ(現時点で)泡ありますがw

 

(試飲の感想はここまでですw)

 

このワインは2016年と2017年の

例年ならナヴィーヌというワインになるハズだったジュースが

途中で発酵が止まってしまった為

2018年に混ぜて再発酵させて

リリースしたワインだそうです。

  

 

こうやって文章で書いていると

さらっと読んでしまいそうですが、、

ワインを作るチャンスは当然

1年に一回だけです。

その大事なワインの発酵が止まってしまう

もしかしたらリリース出来なくなってしまうかもしれない

そうすると見込んでいた収入も

得られないかもしれない。。

しかもそれが2年も続くのです。。

 

ぼくだったら発狂してしまいそうです。

 

ワインを可能な限り自然の力で作るというのは

すごくリスクがあります。

発酵をすぐに再スタートさせようと思えば

手段はあるはずです。

でもそれをやらない。

 

ぼくの好きなナチュラルワインは

収穫後の工程自体はとてもシンプル。

葡萄を摘んできて

発酵させる(ほんとはもっとあると思いますがw)

でもその中に

「やらない事」が

たくさんあるのかなと思います。

 

今回のブルタルは

それがうまく進まなくても

見守ってチャンスを待った。

そういうワインなのかなと。

 

ババスの家には

『so2(酸化防止剤)を入れない』

と書いた自分のエチケットが貼ってありました。

 

彼は誰かにそれを強要する訳じゃないと思いますし

こんなふうに書かれて

変にありがたがって飲まれることは

望んでないのかもしれませんが

(楽しく飲んで欲しいと思ってるかなと思います。

飲んでるといつも後半はギター弾きながら歌っていたのでw)

 

信念を持ってワインづくりをしている

生産者たちがめちゃくちゃ格好いい

とぼくは思っています。

 

いやー美味しい。

 

ご質問はこちら

友だち追加

まで。 

 

 

ご購入はこちらから

売り切れの際はご容赦ください。

に投稿

Groll’n Roll 2019 グロルン・ロール / Les Vignes de Babass レ・ヴィーニュ・ド・ババス

生産者 / Les Vignes de Babass レ・ヴィーニュ・ド・ババス
年号 / 2019
生産地 / ロワール
品種 / グロロー
タイプ / 赤ワイン

今日も暑いですね。

入荷してから1週間が経ったので

満を辞して

ぼくのワイン人生に大きな影響を与えたワイン

グロルンロール

試飲したいと思います。

希少なので

試飲して数を減らすのもどうかと思うのですが

やっぱ飲まないと。

 

ババス(この造り手)の人柄ももちろん大好きですが

「ずっと(自分のワインで)飲み続けられる様なワインを作っている」

というババスの言葉が(2012年当時)

とても印象的で

それまで自分は

「味」が美味しいワインを

良いものだと思っていたのですが

 

ずっと飲み続けられる

という事。

アルコールという

本来体には不要なもの

(人生には必要だと思いますw人によりますが)

を取り込むにあたり

飲んでいて疲れない事は

とても重要なのだと。

 

そしてババスのワインは

(ぼくはフランスにいた当時誇張なしにこのグロルンロールを毎日飲んでいた時期がありました)

言葉通りぼくを疲れさせませんでした。

 

それは単にアルコール度数が低いからとか

そういう話ではない。

ということも

だんだんと体で理解できるようになりました。

 

この経験がぼくのワイン(というかお酒、むしろ食全般)

における価値観をガラリと変えました。

 

それ以来、

このブログをずっと読んでくださっている方は

何度も目にしていると思いますが

飲み心地、酔い心地

の良いものを優先して選んでいるつもりでいます。

(ナチュラルワインは曖昧な定義ですし、世の中の「ナチュラルワイン 」全てがそれに当てはまる訳ではありません。ある程度目利きが必要なところはあります。)

 

ナチュラルワインを扱わせて頂いて

「体に良いから、安心安全だからナチュラルワインなのですか?」

と、たまに聞かれるのですが

体に良いとか、安全とかはそこまで

ぼくは重要視していないのですが

ピュアに葡萄だけで作られたものの方が

この「飲み心地、酔い心地」が

圧倒的に良いものが多いので

ナチュラルワイン が好きです。

酔い心地が良いと、飲んでいる時間をとても

楽しく過ごせるのです。

また、翌日の負担も少ないです。

そういうものが好きなので、ぼくの好きなワインは

結果的に体には良いのかもしれません。

 

・・・

 

またまた前書きが長くなってしましましたが

 

2019グロルンロール

例年に比べ少しアルコール度数が高いですが

比例して果実味もしっかり感じられます。

ですが飲み心地は柔らかく

後味に残るほのかな苦味

ちょっとほっこりするような

グロローの田舎くささ。

毎年結構味わい違いますけど

素晴らしいです。

わがまま言うとすこーしだけ若々しすぎるかも?

と思うのでちょっと寝かせてみるのも良いかもしれません。 

 

ちなみに

ぼくは今日ビストロシンバの

おうちご飯セットの

ブーダンノワール(豚の血のソーセージ)

と一緒に飲んでいるのですが

グロローとブーダンは

最高の組み合わせです。

 

 

ブーダンノワール、手に入れようと思うとなかなか大変だと思うので

ぜひビストロシンバに問い合わせてみてくださいw

(おうちセットいつまでやられてるのか分からないので、インスタをチェックされるのがおすすめです)

 

 

お問い合わせはこちら

友だち追加

まで。

 

 

ご購入はこちらから

売り切れの際はご容赦ください。