に投稿

S des Humeaux 2019 エス・デ・ユモー / LE RAISIN A PLUME ル・レザン・ア・プリュム

生産者 / LE RAISIN A PLUME ル・レザン・ア・プリュム
年号 / 2019
生産地 / ロワール
品種 / ソーヴィニヨンブラン100%
タイプ / 白ワイン


ググッと暖かくなって来て・・ワインというか

お酒を美味しく感じる季節になって来た気がします。

 

ロワール地方でも西の端の方の産地

レザンプリュムはウドン(OUDON)という村の近く・・

距離的に近いからなのか・・・

すごい「海」を感じるワイン!

ソーヴィニヨンブランの青りんごの様なフルーツのニュアンスもあるのですが

後味に潮っぽさをはっきりと感じます。

飲み心地自体はとても柔らかく、はっきりとした外向的なタイプで無いにせよ

果実味と優しさを感じるのですが

アフターの塩気が特徴的で、何だか海鮮を食べたくなるワインでした。

(塩を感じるのでなんとなく胡椒を舐めながら飲んでました。美味しかったw)

 

僕は割と常温に近い温度で飲みましたが、冷やすと色々料理に合わせやすそう

 

抜栓2日目になると旨味がじわりと出て来て

更に奥行きのある味わいになります。

ロブスター食べたい・・・・

 

お問い合わせはお気軽に

まで。

 

 

ご購入はこちらから

売り切れの際はご容赦ください。

に投稿

Le Patis de Rosiers 2019 パティ・ド・ロジエ / LE RAISIN A PLUME ル・レザン・ア・プリュム

ご購入はこちら

生産者 / LE RAISIN A PLUME ル・レザン・ア・プリュム
年号 / 2019
生産地 / ロワール
品種 / ガメイ
タイプ / 赤ワイン

ル・レザン・ア・プリュム

のワインの中でもお気に入りのキュヴェ

ガメイのパティ・ド・ロジエ

控えめなガメイじゃ無くて

なんというか

「ぶりっ!」

とした果実味。

上品にお高くとまって無くて

ちょっとワイルドだけど

ぶりっとしたw

食べ頃の果実

飲むっていうより

食べるに近い感覚のワインです。

 

アルコール度数もそこそこにあって

ちょっと味の濃いもの食べたくなる味わいです。

ベリーソースみたいな感じ。

 

 

試飲コメントはこれくらいにして。w

後書きなんですけど,,

今日店頭にワイン買いに来ていただいたお客様が

家で焼肉をするのに一緒に飲むワイン

とリクエストいただきました。

 

ぼくがそういう時に考えるのはまず、

味の濃さを合わせることで

やっぱり

さっぱりした食事にどっしりした飲み物も

ヘヴィな食事に繊細な飲み物も

なんかチグハグな気がして

(合うパターンもあると思うのですけど)

焼肉で言うと

肉自体もそうですが

味的には

タレの味

が味覚的には主役だと思うので

タレと同じくらいの比重のあるワインがいいなあと。

タレって結構しっかりした味のものが多いと思うので

そうすると味わいの濃さとか

アルコールの高さがある程度必要だなーって思います。

 

あとは油分を和らげてくれるタンニンがあった方がいいなあ

とか

結構噛まなきゃいけないしっかりした肉だと

味の余韻があるやつがいいなあ

とか

そう言うことを考えます。

レストランやビストロだと

店員さんが料理に合わせてその辺を考えて出してくれるのだと思います。

 

ご自宅でワインを合わせるときは

料理にワイン合わせるのも良いし、

ワインに料理寄せていくのも楽しそうですね。と

最近思ってます。

ワインの味わいはなかなか変えられないけど

料理は変えられるので、

 

ワイン飲んでみて

これくらいの味だったら、

塩味にして

タレはやめよう。

とか、

肉を切る厚さを変えてみるとか。

そんな感じ。

 

ワインに合わせにいく料理教室

なんてあったら

ちょっと楽しそうだなあ。 

(グランメゾントーキョーでもそんな回がありましたねw)

 

ご質問はお気軽に

友だち追加

まで。

 

 

ご注文はこちらから

https://wineshoptai.com/product/product-1357/
に投稿

PGM 2019ピージーエム / LE RAISIN A PLUME ル・レザン・ア・プリュム

生産者 / LE RAISIN A PLUME ル・レザン・ア・プリュム
年号 / 2019
生産地 / ロワール
品種 / ピノグリ(マセラシオン)
タイプ / オレンジワイン

こんばんは田井です。

特技は

ダンボールをキレイにまとめて捨てること。

よろしくお願いします。

 

さあ今日も元気に 

PGM

飲んでいこうと思います。

 

すごい瑞々しいです

そんなに派手ではないのですが

紅茶のような味わいに

ふわっと桃の風味を足したみたいな。

優しい味わい。

ウォータリングキスミント

 

を、思い出しました。

(知ってますか?確かもう製造してないかも・・・)

噛むとすごい口が潤うガム。

ありましたよね。

あれのピーチ味を

ワインにしました。みたいな。

お口潤う

的な。

美味しいって事です。

 

ところで

PGMってどういう意味だろう?

ってことなんですけど

P(ピノ)G(グリ)M(マセラシオン)

です。

ピノグリが品種名で

マセラシオンは

醸し

です。

醸したピノグリ

というワイン名です。

DAIGO的ワイン名でした(敬称略)

確認したわけでは無く

ぼくが多分そうだろう

と思っているだけなので

違ったらごめんなさい。

 

マセラシオン(醸し)した

白ワインなので

いわゆるオレンジワインです。

ここ数年でオレンジワインって浸透しましたね。

オレンジ色に近いからオレンジワイン

ですが

PGMは完全にロゼ色です。

でもジャンルはオレンジワイン。

です。

色はもう気にしないでくださいという事です。

 

味わいも

The・オレンジワイン的な

派手目の香りに

しっかり抽出した紅茶の風味。

・・というわけでは無く。

とっても優しい感じ。

白ワインにだって色々ありますし

赤ワインにだって色々。

ロゼだって。

 

ブルーハーツも

生まれた所や皮膚や、目の色で

一体このぼくの何がわかるというのだろう

と、歌っていました。

 

○(色)ワインが苦手

と仰らず

オープンマインド。

フリーユアソウル。

セイイエス。

ヤーヤーヤー。

いろんな○ワインがあるので

あなたの気に入る○ワインがきっと見つかる。

 

無理して飲む必要もないのですけど

話してみたらいいやつだった

って事はよくあります。

話をしようよってSMAPも歌ってました。

(いい歌です。昔働いていたバーの店長が歌ってて、いい歌だなって感動しました。)

 

なんの話でしたか、、

今日も暑いです。 

 

 

ご質問はお気軽に

友だち追加

まで。

 

 

 

ご注文はこちらから

に投稿

Rose Rose 2019 ロゼ・ロゼ / LE RAISIN A PLUME ル・レザン・ア・プリュム

生産者 / LE RAISIN A PLUME ル・レザン・ア・プリュム
年号 / 2019
生産地 / ロワール
品種 / ガメイ
タイプ / ロゼワイン

毎年言っているのかもしれませんが

夏ってこんなに暑かったっけ?

って思いますね。。

 

僕はワインに関すること以外の

記憶力が極めて乏しいのですけど

(若年性健忘症かなって思うくらい記憶力ないです。怖いです)

 

もしかしたら、この夏の間にも

もう数回

夏ってこんなに暑かったっけ?

という書き出しから入るかもしれません。

 

その時はそっと見守っておいてください。

 

でも、誰かと会う時は

ぜったい「暑いですね」

から会話始まるくらいには

暑いですね・・・

 

そんな暑いときには

ワインよりビールって方も多いかと思いますが

なんでそうなるのかというと

ビールって

冷たい事で本領を発揮する飲み物ですよね。

(クラフトビールとかの細かい話は除きます。大手メーカーの一般的なビールの話)

 

ぬるいビールが美味しく無い原因の大きな理由は

苦味

でも

それをキレに変えてしまうのが

温度。

また

炎天下やお風呂あがりなど

暑いと体が感じているときに冷たい飲み物を飲む

という

温度差

が美味しさを加速させます。

 

これって美味しくビールを飲むときに

とても重要な要素ですね。

 

遠慮なしにいうと

常温だと不味くて飲めないものを

美味しく感じさせてしまうのが

温度差という事じゃ無いでしょうか。

(ぬるいビールが好き。っていう方は・・すみません)

 

それってワインも同じで

ワインは元々

ビールほど

温度のストライクゾーンは狭くはないので

そんなに神経質にならなくても

美味しく飲めると思うのですが

やはりワインによって

そして季節によって

「いい感じ」な温度があるのではないかなと思うのです。

 

しかしそれが

「何度」

と決まっていれば簡単なのですけど

 

普段うちの倉庫は13度前後で温度設定しているのですけど

冬場はその温度で保管しているものを

そのまま開けても美味しく飲めます。

 

しかし、今の時期

夏場は

この温度で管理しているものを

そのまま開けてしまうと

少しぬるく感じるんですね。

 

つまり、夏場はより

外気との温度差が必要という事です。

 

なので「赤ワインは常温」

なんて言われているのを耳にしたことがありますが

今の時期の常温を当てはめると大変なことになります。

(それでも美味しいものはたくさんありますが)

 

今の時期は赤ワインも多少は冷やしてあげる事も

考えなくてはなりません。

 

温度を上げるのは簡単なので

冷やし目からスタートして

徐々に温度を上げて

ちょうど良い温度を探すのも良いかもしれません。

 

普段ぼくはお客さんに

ワインは冷やしすぎても

味わいが隠れてしまうことがあるので

冷やしすぎにも注意です。

とお伝えすることがあるのですが

 

大事なのは体感温度で

自分の状況によって変わってしまうのです

(暑い日に外から帰ってきてすぐ飲むのと

冷房で涼んでいる時では全然美味しい温度が違います)

 

・・・

 

 

書いていて思ったのですが

試飲ブログでも何でもないですね

今回。

 

何でこういう事になったかというと

このワインが

暑い日に

冷やして飲むのにぴったりだと

思ったからなんですけど・・

 

小粒の葡萄のような味わい

アセロラみたいな酸

そして値段が優しい。

  

冷やしてグイッと飲むのに

最高だなと。

(でも少し温度上げても美味しいです)

 

 

とにかくw

ワインを飲むときにも

体感温度

気にしてあげると

より楽しめると思います。 

 

ちょっと細かい話ですけど

せっかくなら美味しく飲んで頂きたいので。

長くなったのでこの辺で失礼しますw

 

ご質問はお気軽に

友だち追加

まで。 

 

 

 

ご購入はこちらから

売り切れの際はご容赦ください。

に投稿

Le Moulin 2019 ル・ムーラン / LE RAISIN A PLUME ル・レザン・ア・プリュム

生産者 / LE RAISIN A PLUME ル・レザン・ア・プリュム
年号 / 2019
生産地 / ロワール
品種 / ムロンドブルゴーニュ
タイプ / 白ワイン

今日(2020/08/12)は

徳島もめちゃくちゃ暑くて

どこかで40°C超えました

ってニュースも出るくらい。

 

ちょっと作業が落ち着いたので

夕方、外を散歩してたのですけど

暑すぎて・・・

 

今日はさすがに

ワインじゃなくてビールかな・・・

みたいな気分だったのですけど

 

新着いっぱい来てるし

試飲しないとな・・

みたいな感じで

申し訳ないけど

ビール飲みたかった・・

みたいなテンションで

開けたんですけど

 

・・・

美味い。。。

 

びっくりする。

美味しい。

 

 

 

 

ジューシーで

柔らかい液体が

しっとりと

流れてきて、

正直飲む前に欲してた感じ

(スルッと飲めるような軽め)とは

違うんですけど

 

この熟したフルーツみたいな

柔らかい液体が

喉を潤してくれて

 

ビール飲みたい欲求を一瞬で忘れさせてくれました。

 

 

ワイン詳しい方だと

ミュスカデって

すっきりでキリッとした

イメージお持ちの方多いと思うのですけど、

とてつもなく柔らかくて

ジューシーなミュスカデです

 

そして 

味は厚めですけど

喉を通るときにストレスがないので

全然疲れないと思います

 

 

 

夏に、すっきりした

キリッとしたものを欲する気持ちはわかります。

 

でも美味しいワインは

そんな欲求を忘れさせるくらいに

楽しませてくれるチカラがあるということですね。。

 

ワイン最高です。

 

お問い合わせはこちら

友だち追加

まで。

 

ご購入は下記ページから

売り切れの際はご容赦ください。