に投稿

Brutal NV16&17 ブリュタル / Les Vignes de Babass レ・ヴィーニュ・ド・ババス

生産者 / Les Vignes de Babass レ・ヴィーニュ・ド・ババス
年号 / 2016,2017
生産地 / ロワール
品種 / シュナン・ブラン
タイプ / 白ワイン(微々発泡)

いつも前書き長くなってしまうので

今日は試飲の感想先に書きます。

 

最高です。

シュナンブランやっぱすごい・・

ババスやっぱすごい・・

最初は香ばしいパンの香りがきたと思ったら

ブワッと

リンゴの蜜の風味、はちみつ

でも最後はドライに切れて

また香ばしい香りの余韻が残る。

 

ほんとすごいです。

うまい。

二口目も

りんごの蜜を基本に

葡萄やらパイナップルやら

色々な果実の風味を感じさせてくれます。

 

微発泡なのですが、これは泡無くなった後も美味しいはず。

まだ(現時点で)泡ありますがw

 

(試飲の感想はここまでですw)

 

このワインは2016年と2017年の

例年ならナヴィーヌというワインになるハズだったジュースが

途中で発酵が止まってしまった為

2018年に混ぜて再発酵させて

リリースしたワインだそうです。

  

 

こうやって文章で書いていると

さらっと読んでしまいそうですが、、

ワインを作るチャンスは当然

1年に一回だけです。

その大事なワインの発酵が止まってしまう

もしかしたらリリース出来なくなってしまうかもしれない

そうすると見込んでいた収入も

得られないかもしれない。。

しかもそれが2年も続くのです。。

 

ぼくだったら発狂してしまいそうです。

 

ワインを可能な限り自然の力で作るというのは

すごくリスクがあります。

発酵をすぐに再スタートさせようと思えば

手段はあるはずです。

でもそれをやらない。

 

ぼくの好きなナチュラルワインは

収穫後の工程自体はとてもシンプル。

葡萄を摘んできて

発酵させる(ほんとはもっとあると思いますがw)

でもその中に

「やらない事」が

たくさんあるのかなと思います。

 

今回のブルタルは

それがうまく進まなくても

見守ってチャンスを待った。

そういうワインなのかなと。

 

ババスの家には

『so2(酸化防止剤)を入れない』

と書いた自分のエチケットが貼ってありました。

 

彼は誰かにそれを強要する訳じゃないと思いますし

こんなふうに書かれて

変にありがたがって飲まれることは

望んでないのかもしれませんが

(楽しく飲んで欲しいと思ってるかなと思います。

飲んでるといつも後半はギター弾きながら歌っていたのでw)

 

信念を持ってワインづくりをしている

生産者たちがめちゃくちゃ格好いい

とぼくは思っています。

 

いやー美味しい。

 

ご質問はこちら

友だち追加

まで。 

 

 

ご購入はこちらから

売り切れの際はご容赦ください。