に投稿

Au bois de mon coeur 2018 / Antoine Le Court アントワン ル クール

生産者 / Antoine Le Court アントワン ル クール
年号 / 2018
生産地 / ジュラ
品種 / モレット(ビュジェ)トゥルソー(ジュラ)
タイプ / ロゼ

騙されたと思ってやってみて欲しいんですけど

室内でワインを飲むのと、

屋外でワイン飲むのとでは

全然味や香りが違います。

特に香り。

ビックリするぐらい違います。

一歩外に出てみるだけで変わります。

大体において外の方が

いい感じ。

 

ロゼ泡かと思ってたらこれも泡なかったですw

開けたての香りは

ちょっと糠みたいな発酵系の香り。

でも空気に触れさせていくと

赤いベリー系の香りが漂ってきます。

酸はこちらもしっかり目ですが

果実味の乗った

ぐうっと奥行きのあるエキスと

キュッと締まる系の酸で

とても心地よい飲み口です。

室内で飲むより、

絶対外で飲んだ方が美味しい。

 

これからの時期の外飲みは彼のワインで決まりです。笑

追記:2日目

初日より香りは素直な果実の香りになってきました。

やや元気だったのが落ち着いたかもですが

不安定な要素はなく良好です! 

 

ご質問はお気軽に

友だち追加

まで。

 

 

ご購入は下記URLより

https://wineshoptai.official.ec/items/29762101

売り切れの際はご容赦ください。

 

 

 

※wineshoptai.comではブログ継続を支援して頂ける方を募集しています。

このブログが役に立った!面白かった!と思う方。よろしければ継続のご支援をお願いします。詳細はこちら⬇️

に投稿

Noite Severina 2018 / Antoine Le Court アントワン ル クール

生産者 / Antoine Le Court アントワン ル クール
年号 / 2018
生産地 / ジュラ
品種 / プールサール(ジュラ)

個人的Antoineの本命の一つ

プールサールの8ヶ月(!)の醸し

ここまで長い醸しはグリオットのプティガトリーが確か6ヶ月とか

聞いた気がします(違ってたらごめんなさい)

醸しが長ければ長いほど、濁った濃いワインになりそうなイメージかもですが

むしろ驚くほど瑞々しいタッチです。

色々溶けて混ざり合ってしまったような。

葡萄の皮から果肉、種まで

一体となったようなニュアンスで。

結局一周(?)して

葡萄をそのまま食べている感覚。

葡萄の粒が液体として

かなり贅沢な飲み物の気がします。

 

Antoineのワインは本当に果実が感じられる

素直な印象がとっても好きです。

 

渋みはそこそこあるし透明感があるわけではない

むしろちょっと濁った印象なんだけど

みずみずしくて純粋。

 

ナチュラルワインって感じがします。

 

あまり煽りたくないですが超希少です。

本来マグナムサイズのみのリリースのキュヴェです。

(特別に少量ボトルサイズを分けて頂きました)

気になる方はお早めに

友だち追加

まで。お問い合わせお待ちしております。

 

ご購入は

https://wineshoptai.official.ec/items/29766617

売り切れの際はご容赦ください。

(マグナムサイズ希望の方は別途LINEにてお問い合わせください)

追記:2日目はマメ出ちゃいました。

2口目からは慣れて美味しく飲めますが

現時点ではお早めに飲んでいただく事をオススメします。

 

 

※wineshoptai.comではブログ継続を支援して頂ける方を募集しています。

このブログが役に立った!面白かった!と思う方。よろしければ継続のご支援をお願いします。詳細はこちら⬇️

に投稿

Cade meu carnaval? 2018 / Antoine Le Court アントワン ル クール

生産者 / Antoine Le Court アントワン ル クール
年号 / 2018
生産地 / ジュラ
品種 / シャルドネ90%(ビュジェ)リースリング10%(アルザス)
タイプ / Pet’nat

Cade meu carnaval?このタイトルの由来は

ブラジルのGeraldo Azevedoの曲

直訳すると

「私のカーニヴァルはどこですか?」

だそうです。

曲をイメージして飲んでみましょう。

 

香りはそんなに掴みどころが無いというか、

少し酸を連想させる匂い

トマトみたいな香り。

あんまり主張はないです。

飲んでみると 

 

めちゃレモンサワー!w

 

一応ペットナット(ナチュラルスパークリングワイン的な)なのですが

泡はおまけ程度。ほとんどありませんが

味わいはレモンサワーのワインバージョン

(残念な例えで申し訳ないです・・)

これは夏にいいですね!!!

暑い日に河原で冷やして

肉焼きながらこれを飲みたい!!

食欲そそる酸味で

これもまたついつい飲んじゃいます。

Antoineのワインは飲ませますね!

彼のワインは繊細さはありますが、あまり深く考えずに飲ませてくれる

気の良さを感じます!

 

これからの季節欲しくなる味わいだと思います。

1杯め!

もしくは1本目にぴったり!

 

ご質問はお気軽に

友だち追加

まで。

 

 

ご注文は下記URLから

https://wineshoptai.official.ec/items/29761458

売り切れの際はご容赦ください。

 

 

 

※wineshoptai.comではブログ継続を支援して頂ける方を募集しています。

このブログが役に立った!面白かった!と思う方。よろしければ継続のご支援をお願いします。詳細はこちら⬇️

に投稿

Love will tear us apart 2018 / Antoine Le Court アントワン ル クール

生産者 / Antoine Le Court アントワン ル クール
年号 / 2018
生産地 / ジュラ
品種 / ガメイ(ボジョレー)

アントワン第二弾。

今度はガメイ100%

ジョイ・ディヴィジョンの「Love will tear us apart」

がワイン名の由来です。

マセラシオン(醸し)が2ヶ月とかなり長め。

お漬物的な感じですね。

開けたてはお漬物的な香りが割としました。笑

次第に慣れて薄れます。

でも味わいにも漬物的な要素があります。

葡萄の皮の漬物って感じのワインです。

飲むにつれ、葡萄の皮をかじっているみたいな。

こうやって書くとあまり魅力的な表現ではないかもですが、、

感じたままに書くとこうなります。

けど、余計な味わいがなく、

酸もしっかりありますがとても綺麗で

透き通った透明感の純粋さじゃなくて

葡萄だけの余分なもの無い純粋さ。

 

今のところAntoineのワインはCes gens-laもそうでしたが

森を感じるワインで

とっても好きです。

激しい主張はないけれど

するりと染み込んでくる。

体で感じるワインかもしれません。

良いわあ

追記:3日目

葡萄の皮の漬物というか

湿った木の皮みたいな香りがあるのですが

それがだんだんほどけて果実味が出てきました。

ちょっと早かったのかな?

3日目の状態が好きです。

マメっぽくなりそうでギリギリ堪えてる。

カツオのたたきと相性バッチリでした

 

ご質問はお気軽に

友だち追加

まで。

 

 

ご購入は下記URLより

https://wineshoptai.official.ec/items/29762335

売り切れの際はご容赦ください。

 

 

 

 

※wineshoptai.comではブログ継続を支援して頂ける方を募集しています。

このブログが役に立った!面白かった!と思う方。よろしければ継続のご支援をお願いします。詳細はこちら⬇️

に投稿

Ces gens-la 2018 / Antoine Le Court アントワン ル クール

生産者 / Antoine Le Court アントワン ル クール
年号 / 2018
生産地 / ジュラ
品種 / ガメイ(ボジョレー) シャルドネ (ビュジェ)

ジュラの新しい生産者が入ってきました。

僕が半年間入荷を心待ちにしていた生産者です!

ロクタヴァンでワイン作りの手伝いをし

ネゴシアンから自らのワインをスタートしました。

11キュヴェ入ってきたのですが

様々な地域の葡萄が使われています。

それぞれのワインのネーミングは

イメージする楽曲の名前を引用しているようです。

このワインは

ジャック・ブレルの「ces gens-la]

フランスの歌手ですかね?あいつら?的な意味ですかね。

しばらくAntoineのワインを試飲していきたいと思います。

 

最初セラーの温度で開けた時は(12度くらい)

開けたての香りはあまり感じず

キュッと突き刺さる様な酸が刺激的で

ちょっとお酢っぽいのかな?と思いました。

 

しかし、ゆっくり温度を上げながら口に含んでみると

酸が高いのはそうなのですが、お酢的なものではなく

とてもピュアで綺麗な酸で

 

「赤くて、ちっちゃくてすっぱいやつなんだっけ?」

と、妻に聞いたところ

「赤スグリじゃない?」

と返事が。

それです。

赤スグリ。グロゼイユ。

ちょっとすっぱいと感じるくらい酸はあるので

お好みは別れるかもですが

本当に純粋に山でとれた果実を口に含んだみたいな

洗われる感覚がありました。

この酸味がそしてまた次の一口を誘う。

 

しばらくクリスチャンヴニエのしっとりとして熟した感じの

ワインを飲んでいたので

すごくさっぱりと感じてあっという間になくなりそうw

 

自然なお酒です。

自分の好きなワインにいつも共通するのですが

山歩きしながら、そこら辺になっている果実を摘んでいる様な感覚。

そこまで主張は強くないので

物足りないと感じてしまう方も居るかもしれませんが

この「余白的なもの」を楽しめると

とてもこのワインを好きになっていただけると思います。

 

彼のワイン試飲していくのが楽しみです。

どうかお付き合いください。

追記:2日目

昨日より酸は落ち着いた感じはありますが、

フレッシュさよりも

少し渋みなど葡萄の皮のニュアンスが増した様子。

少しマメの気配はありますが十分美味しく召し上がっていただけると思います。

個人的な好みは初日でしたが。

というか、止まらなくて

2日目の分ほとんど1杯分しか残してなかったので

やや条件が悪かったかもです。笑

でも美味しく楽しめています

 

ご質問はお気軽に

友だち追加

まで。

 

 

ご購入は下記URLより

https://wineshoptai.official.ec/items/29762227

売り切れの際はご容赦ください。

 

 

 

※wineshoptai.comではブログ継続を支援して頂ける方を募集しています。

このブログが役に立った!面白かった!と思う方。よろしければ継続のご支援をお願いします。詳細はこちら⬇️