L’O2 Vigne 2014 ロードゥ・ヴィーニュ / La Coulee d’Ambrosia ラ・クーレ・ダンブロジア【ジャン・フランソワ・シェネ】

¥7,700 税込

生産者 / La Coulee d’Ambrosoia ラ・クーレ・ダンブロジア
年号 / 2014
生産地 / ロワール
品種 / シュナンブラン
タイプ / 白

在庫切れ

説明

◇インポーターコメント

粘土とシストの混ざる土壌構成。樹齢45年。全房プレスで小樽発酵。ウイヤージュなしで、フロールの下で約36ヶ月酸化熟成しています。酸化熟成香と果物の香りが渾然一体となり、オードヴィーを連想するところから付けられた名前です。2017年瓶詰め。黄みがかった黄金色。白レーズンやフヌイユ、アーモンドなど薄皮の付いたナッツ、干し草、カカオなどの風味が混ざり合い、酸化のニュアンスは香りからも見受けられますが、充実感のあるフルーツの香りと相まって複雑で奥行きのある印象が感じられます。ピンと張りのあるシャープな酸が感じられ、すっと流れるような飲み心地で瑞々しささえ感じさせます。酸化熟成の期間は約3年間と他のヴィンテージの4~5年の期間に比べ短いため、軽快な飲み心地と透明感のあるフルーティーな様子に旨味や奥深さがほどよく加わり、伸びやかな印象で口中を覆うように大きく広がります。じんわりと甘みが溢れ出すように現れ更に奥行きを与え、アフターには塩味が感じられ風味を支えながら引き締まったキレの良さと凛々しさを想わせます。未だフレッシュ感のある熟したフルーツの充実した風味と、酸化由来の旨味や奥深く複雑な様子が絶妙に溶け込み、贅沢な余韻を長く感じられる仕上がりです。