に投稿

L’Enchanteresse 2019 ランシャントレス / La Grapperie ラ・グラップリ

生産者 / La Grapperie ラ・グラップリ
年号 / 2019
生産地 / ロワール
品種 / ピノドニス100%
タイプ / 赤ワイン

酸もあり重たくないけどしっかり寄りか・・?

昨日子供に晩酌つきあってもらっていたら

「とと、ワイン飲むの?おいしい?」

と聞かれました。

何気にワインという言葉を発したのが初めてかも・・・

びっくりしました。ワイン知ってんだーw

 

本題

いやー久しぶりのグラップリです。

大好きな造り手なのですが、リリースが最近あまりないので嬉しい

(たぶんインポーターさんが飲み頃まで寝かせていてくれていると思うのですが)

 

ピノ・ドニス単体のキュヴェも久しぶり。

好きな品種の一つです。

胡椒の様な香りや、ヒノキ?みたいな香りの特徴的な品種です。

このキュヴェは100年を超える畑の物。

 

香りの表面は木の香りやスパイシーさが前に出ていますが

奥から良く熟れた葡萄。

味わいは少し濁ったような印象を抱かせる、粒が細かいしっかりしたタンニンの中に

葡萄の存在を、口の中でもしっかり感じさせてくれます。

やや酸が強めに主張しますが、舌全体に液体を這わせると、より生の葡萄を感じ取れます。

 

全体の印象としてはややワイルドで

「葡萄の血肉を喰らっている」

みたいな表現をしたくなります。w

 

畑で荒々しく葡萄をもいでそのままガブー!

みたいな・・

口から滴る葡萄の血を、腕でぐいっと拭う・・・

みたいな・・映像が脳内でイメージされてます。笑

 

「おいしい」じゃなくて

「うめえ」みたいな

 

そんな感じ

 

さっきから、ワインを飲む手が止まらないんですけど

貪るように飲みたくなる。

 

余韻も長く、ワインとして「格」(みたいなもの)があるのに

上品にまとまり過ぎてないバランスがとても私の大好物でした。

 

正直好みは分かれるかもしれないですが、是非とも一回飲んでほしいワインです。

(お酒の好みは、分かれて当然ちゃ当然ですかね・・)