に投稿

Louis Vin 2019 / MQV (Mael Quentin Vin)

生産者/ MQV (Mael Quentin Vin) エム・キュ・ヴェー
年号 / 2019
生産地 / ボジョレー
品種 / ガメイ
タイプ / 赤ワイン

雑談(とばして大丈夫です)

皆さんはもう召し上がられましたでしょうか?

セブンイレブンの

「ポンデケージョあおさ塩」

先日お客様から差し入れで頂いたパン。

これがまあ、もちもちしててほんのりしょっぱくて

酒のつまみにもなる感じ

子供がいたくお気に入りで・・・

頂いた日に一口食べて「おいしい!」と言っていたのですが

夕飯もあるので明日食べようね。

と約束していたのですが・・・

 

なんと仕事終わって晩酌し、酔っぱらっていた僕は

そのパンを食べちゃったんですね。

 

でも酔っぱらっているので何にも気にしてなかったのですが

翌日朝起きて、息子を起こして

「朝ごはんたべよー」と

声を掛けたら

「きのうのととの(もらった)パンあるよおー」

 

とニコニコした顔で言われ、一気に血の気が引いて

セブンイレブンまでダッシュしました。

 

っていう事で本題なのですが(ほんととばしていい文章・・)

本題

今日はMQVのLouis Vin

ボジョレのガメイです。

初めてのヴィンテージがたしか2018だったので2019は2年目の作品。

それを2年間大樽で寝かせたワインです。

 

こういう表現がいいのかどうかわからないですけど

飲んで思ったことを素直に書くと

ザ・赤ワイン

だなあ・・と

 

なんというか葡萄がワインになった

というのがとても素直に表現されているワイン

って感じで。

 

僕がよく使う表現で、生の果実を食べているような・・・

果実そのもの、フレッシュな果汁感を表したいときに

そういう風に言ったりするのですが

 

このワインはそれとも違って

葡萄はすごく感じるのですけど

葡萄そのままじゃなくて

きちんと赤ワインしてる。

 

でもやらしい感じは一切ない。

 

素直に、ストレートに赤ワイン。

 

書いててもうよくわかんないですけどw

 

冒頭のグラフではややしっかりに寄せましたが

うちのワインの中ではそうなるかなと思って寄せましたが

ビタッと真ん中が正しいかもしれない。

 

僕のなかで赤ワインの基準値がここかも・・・

と思ったワインでした。

 

味ももちろんおいしいです。

そしてそんな風に感じた事が

すごく面白いなあと思いました。

 

もちろん状態やタイミングによって変化はあると思うのですが

僕の飲んだこのワインは僕のなかで赤ワインの基準になりそうです。

 

売り切れの際はご容赦ください。