に投稿

Elixir de Jouvence NV(2019)エリクシール ドゥ ジュヴォンス / Xavier Marchais グザヴィエ マルシェ

生産者 / Xavier Marchais グザヴィエ・マルシェ
年号 / 2019
生産地 / ロワール
品種 / シュナン ブラン
タイプ / 白ワイン

前回のブログで

今月は、ほぼ素面のときが無いと書きましたが

本当にそのまま年末を迎えてしまいました。

12月1か月の体感速度が一週間くらいですw

 

フランス滞在時代を除けば、ここ数年で一番ワインを常に飲んでいたかもしれない。

 

そんな中で、、、

 

ビビッと来てしまいました。

 

こちらのワイン

グザヴィエ・マルシェのジュヴォンス19年。。。

 

正直このワインは前回や前々回のブログで紹介したような

飲んで一発でおいしい!というようなキャッチーな果実味はありません。

 

それでも

「ぼくはこういうワインを求めてたのかも・・・」

 

と舌では無く体で理解したような気がしました。

 

香りと味を言葉で説明するなら

クリスピーで硬質な

ミネラルを感じる香りと

塩水にレモンを絞ったようなシャープな味わい。

といった感じなのですが

 

僕はこのワインを飲んだ瞬間

フランスで

夢中でワインを飲んでいた時代に戻されました。

 

ブドウを介して、ロワールの水を飲んでいるような・・

こういうワインをフランスで沢山頂いたなあ・・

 

と、一気に記憶が揺さぶられました。

 

「フランスではワインは水の代わりに飲まれている」

 

みたいな、冗談がありますが

 

水の代わりに飲むならこういうワインを飲みたい。

飲むたびに身体が洗われるような感覚です。

 

今僕はチーズとクラッカーをつまみに飲みながら

 

このブログを書いていますが

酷使して疲れた体(主に、胃と肝臓)が喜んでいる感じがします。

(実際は悲鳴かもしれませんが)

 

たぶん、このワインは

わかりやすく美味しいタイプ。では、無いのかもしれませんが・・

 

舌や頭で理解するのはなく

フィジカルに感じる素晴らしいワインだと思います。

 

売り切れの際はご容赦ください。