に投稿

RABATIERE 2020 ラバチエール / BERTIN DELATTE ベルタン・ドゥラット

生産者 / BERTIN DELATTE ベルタン・ドゥラット
年号 / 2020
生産地 / ロワール
品種 / ピノドニス
タイプ / 赤ワイン

きた・・・

 

きました。ラバチエール。

私が白ワインの一つの完成形と勝手に思い込んでいる白ワイン

エシャリエ

その生産者、ベルタンドゥラットが作り出す赤ワインです。

以前2018年のグロローがリリースされたのですが

それも非常に美味しかった・・・

 

そのグロローは、長年赤ワインを作りたかったベルタンドゥラットが

賃貸の区画で作った赤ワインでした。

 

そして今回はついに念願の自社区画で植えたピノドニスがリリースとなりました!!

 

香りはラベルの紫色を連想させる果汁グミのような(すみません)

紫色のフルーツの香り(葡萄以外あまり知らないですが)に少しトロピカルな雰囲気も

 

味わいは、私の大好きなエシャリエ2017の試飲ブログを書いたときに

「葡萄の情報を記憶させた水のよう」

という表現をした気がするのですけど(多分)

 

この赤ワインもそんな感じ。

とても繊細で華奢な印象なのに

酒質は安定して筋が通っている。

 

舌の上で転がしている時は果実の情報がイメージできるのに

飲み込むときは水のようにするりと流れていく。

 

 

飲み込んだ後のほんのりビターさを帯びた微かなタンニンも後を引いて

 

このワインを飲みながらぼんやりゆっくり、穏やかに酔えるだけで

幸せな気分になります。

 

どうやらまだ植えて5年くらいのピノドニスのようなので(フランス語の読解があってれば・・)

これからこのラバチエールの区画からどんなワインが生まれてくるのか

毎年の楽しみがまた一つ増えちゃいました。

 

ご購入はこちらから

売り切れの際はご容赦ください。