に投稿

Dithyrambe 2014 ディディランブ / Pierre Rousse ピエール・ルッス

生産者 / Pierre Rousse ピエール・ルッス
年号 / 2014
品種 / メルロー65%、カベルネフラン25%、カベルネ・ソーヴィニョン10%
タイプ / 赤ワイン

無二の個性のワインを作る生産者です

ピエール・ルッス

このワインは

ちょっと冷やしめで飲むと

すごく気持ちがいいです。

気持ちの良い酸味に

うまく乗っかった

すり下ろしたような

葡萄そのものの旨味、果実味が

感じやすいのはちょっと冷たい温度かなと

思います。

このワインは赤ワインですが

冷たいと感じるくらいで飲み始めるのが

個人的にはオススメです。

 

 

ちょっと真面目な話をすると(興味なければ飛ばしてください)

ワイン(特にナチュラルワイン )の酸には

果実由来の酸と

醸造過程で出る揮発酸という

ちょっと酢に近いような酸があります。

普通はワインの醸造において

嫌われる揮発酸ですが

絶妙なバランスの揮発酸はむしろ

ワインに奥行きを持たせ

妖艶な魅力を引き出すことができると思います。

そのギリギリのラインを攻めている

ワインはとっても魅力的です。

フランソワ・デュムや

ダニエル・サージュ

ジェラルド・ウストリック

などの生産者は

揮発酸を絶妙なバランスで表現し

ワインに深みを出しているのかな

と思います。

(憶測ですw)

 

このピエール・ルッスに関しては

やや高すぎるくらいの酸があり

そこが好き嫌いの分かれる生産者だとは思うのですが

今回リリースされたこちらのワインは

きちんと美味しく飲めるバランスに仕上がっていると思います。

 

このワインは2014年のワインで

恐らく当初はとても高かった酸が

寝かせていたおかげで丸くなり

現在のバランスに仕上がっているのだと思います。

 

ワインを寝かせるのも

コストがかかり、リスクがあります。

しかし

生産者さんや

輸入元さんが

負担してくれていて

美味しいワインが飲めているのだなと。

感じたワインでした。

 

ぼくも酒屋として

ワインの美味しい飲み頃を

お届けできるように頑張ろうと思います。

(いちファンとして自分も飲みたいですw)

 

ぜひ、その寝かせていた時間に思いを馳せながら

飲んでいただきたいワインだなと。

今回は真面目な投稿でした。

 

ご質問はお気軽に

友だち追加

まで。

 

 

 

ご購入はこちらから

売り切れの際はご容赦ください。